• 印刷する

発電所の免許更新遅延も、新型肺炎が影響

フィリピンのエネルギー統制委員会(ERC)のデバナデラ委員長は、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、複数の発電所で事業免許証(COC)の更新手続きが遅れるとの見通しを明らかにした。マニラブレティンが6日伝えた。

送電網に接続されたオングリッドの発電所59カ所と、自家発電など送電網とは接続されていないオフグリッドの発電所27カ所で更新手続きの遅れが見込まれている。対象となる発電所の出力は計775万6,900キロワット(kW)余り。

デバナデラ委員長は、新型コロナウイルスの影響で特に人の移動が制限されるため、「適切な時期に検査を先送りすることになる」と説明。一方で、急な電力需要の増加に対応できなくなることはないと指摘した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出・移動制限措置の長…(04/14)

自動車業界に「三重苦」 コロナで工場停止、輸入車に課税(04/14)

新型コロナ、新たに8571人感染(04/14)

ドコモとスマート、5G国際ローミング開始(04/14)

3月新車販売88%増、前年の反動(04/14)

大統領「病気ではない」、健康問題払しょく(04/14)

中国製ワクチン、比は今後も使用継続(04/14)

マカティ市、ワクチン接種会場5カ所増設(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン