米トーコン、原発候補地に3カ所を検討

米国のトーコン・インターナショナルは、インドネシア国内に原子力発電所を建設する計画について、スマトラ島とカリマンタン島西部地域、バンカブリトゥン州バンカ島の3カ所を建設候補地として検討していることを明らかにした。本格的な調査実施に必要な政府の法整備を待っており…

関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(04/03)

コロナ感染者数予測、6月に10万人超えも(04/03)

新型コロナ流行、防犯意識も 経済悪化で生活一変、モラル低下(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

2月新車販売確定値3%減、小売りは5%減(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン