中国国境でのビザ発給を停止、航空便も減便

ラオス外務省は2日から、中国国境での観光ビザ(査証)の発給を停止した。国営ラオス航空も、中国路線の減便を始める。中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が拡大していることを受けた措置。地元各紙(電子版)が伝えた。 外務省領事局が、「中国と国境を接…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

さらに2人の感染を確認、累計14人に(04/08)

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

在留邦人119人、ラオス航空の臨時便で帰国(04/08)

新型コロナ対策で鉱山閉鎖、ダム建設も中止(04/08)

感染者12人に、英留学から帰国の女性(04/07)

私立病院の診療で混乱=禁止一転、一部許可(04/07)

11人目の感染者確認、パプア国籍の男性(04/06)

新型コロナの影響軽減、所得税などに救済策(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン