• 印刷する

人民銀が1.2兆元供給、市場再開の動揺抑制

中国人民銀行(中央銀行)は2日、リバースレポにより1兆2,000億元(約18兆7,400億円)を市場に供給する公開市場操作(オペ)を3日に実施すると発表した。これにより、銀行システム全体の流動性は前年同期を9,000億元余り上回ることになる。春節(旧正月)と新型肺炎の流行に伴う大型連休が3日に明けるのに合わせ、再開される金融市場に十分な流動性を供給することで市場の動揺を防ぐ狙いだ。

■困難企業への支援強化

中国政府は新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、市場への資金供給を拡大する。肺炎の影響で資金繰りが悪化した企業と個人、関連の医療物資や生活物資を生産する企業などへの支援を強化する構えだ。

人民銀、財政省、中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)、中国証券監督管理委員会(証監会)、国家外貨管理局が1月31日付で出した通達は、人民銀が公開市場操作や短期流動性ファシリティー(SLF)、金融機関向けの融資・割引など多様な政策ツールを動員して金融市場に十分な流動性を確保すると説明。特に新型肺炎の流行が深刻な地域や医療分野への支援に力を入れる方針を明確にした。

肺炎の流行で営業に支障を来している卸・小売り、宿泊・飲食、物流・運輸、文化・観光などの業界に対し、金融機関が理不尽な融資の引き揚げを行うことを禁止するとともに、返済が難しくなった企業には融資期限の延長を容認する。金利の引き下げや与信枠の拡大を通じて企業が運転資金を確保できるよう計らうことや、製造業、小規模零細企業、民営企業への貸出を強化していくことも盛り込んだ。

マスク、防護服、薬品などの医療物資や重要生活物資の生産、輸送、販売に携わる企業については、政府が企業名のリストを作成し、低金利融資や利子補給といった金融優遇の対象とする。入院または隔離対象となった個人、医療関係者、肺炎の影響で一時的に収入源を失った人たちには、住宅ローンやクレジットカードの返済条件を緩和するなどの特別対応も取る。

人民銀の潘功勝副総裁は、金融市場の再開に向けて「十分な流動性を供給し、反循環的政策(景気減速を押し戻す政策)を強化する」と表明。金融機関や市場と緊密なコミュニケーションを維持しながら、市場における流動性の状況と需要の把握に努める考えを示した。

通達の詳細は人民銀のウェブサイト<http://www.pbc.gov.cn/goutongjiaoliu/113456/113469/3965911/index.html>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

文化関連産業の売上高、1~9月は0.6%減(10/30)

中堅旅行社、給与支払い停止 業界は人員削減・廃業の波懸念(10/30)

新5カ年計画は内需に力点 基本方針を採択、5中総会が閉幕(10/30)

9月輸出14%増、黒字は過去2番目の高水準(10/30)

香港の21年予定昇給率1.7%、大湾区報酬調査(10/30)

3Qの消費者苦情、オンライン教育が増加(10/30)

習主席、輸入博開幕式はオンライン出席(10/30)

国有企業の利益、1~9月は16%減(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン