• 印刷する

財閥系バイオパワー、ネグロスで発電拡大

フィリピンの財閥大手アヤラ・コーポレーション系のバイオマス発電会社バイオパワー・グループは、ネグロス島のバイオマス発電事業を拡大する。新たに3カ所の用地に出力計20万キロワット(kW)分を建設する計画だ。30日付マニラスタンダードが伝えた。

ドン・マリオ・ディア取締役によると、拡張のため新設するプラントの出力は各2万~3万kWを想定。1プラント当たりの建設費は30億~40億ペソ(約64億~85億円)となる見込みだ。

バイオパワーは2019年、ネグロス島で160億ペソを投じ、サトウキビの絞りかすを利用する3つのバイオマス発電プラントを開設した。合計出力は7万kW。

既存のプラントはバイオマス発電の固定価格買い取り制度(FIT)の適用をエネルギー省に申請中。拡張はFIT適用が認められることが前提となる。

バイオパワーはアヤラ系発電会社ACエナジー傘下のバイオマスエネルギー企業、ネグロス・アイランド・バイオマス・ホールディングス(NIBH)の子会社。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに7379人感染(19:39)

テイクオフ:夜間外出禁止が解ける午…(04/20)

設備投資、積極姿勢に転換へ 大手財閥、変異ウイルスで懸念も(04/20)

新型コロナ、新たに9628人感染(04/20)

比など3カ国からの旅客便、着陸を拒否(04/20)

鉱山36カ所が事業開始へ、凍結解除受け(04/20)

アストラ製ワクチン、60歳未満の接種再開(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン