• 印刷する

財閥系バイオパワー、ネグロスで発電拡大

フィリピンの財閥大手アヤラ・コーポレーション系のバイオマス発電会社バイオパワー・グループは、ネグロス島のバイオマス発電事業を拡大する。新たに3カ所の用地に出力計20万キロワット(kW)分を建設する計画だ。30日付マニラスタンダードが伝えた。

ドン・マリオ・ディア取締役によると、拡張のため新設するプラントの出力は各2万~3万kWを想定。1プラント当たりの建設費は30億~40億ペソ(約64億~85億円)となる見込みだ。

バイオパワーは2019年、ネグロス島で160億ペソを投じ、サトウキビの絞りかすを利用する3つのバイオマス発電プラントを開設した。合計出力は7万kW。

既存のプラントはバイオマス発電の固定価格買い取り制度(FIT)の適用をエネルギー省に申請中。拡張はFIT適用が認められることが前提となる。

バイオパワーはアヤラ系発電会社ACエナジー傘下のバイオマスエネルギー企業、ネグロス・アイランド・バイオマス・ホールディングス(NIBH)の子会社。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マルコス政権に高い評価 経済政策「安定」、発足100日(10/07)

新政権の物価対策に期待、批判意見も(10/07)

マルコス氏の外交は「成功」、大学教授(10/07)

南北通勤鉄道、新たに建設4件発注(10/07)

8月失業率5.3%、コロナ後で最低水準(10/07)

トヨタ現法、中古車の新事業開始(10/07)

サンミゲル、イリハン発電所を2月再稼働(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン