新型肺炎、アセアン株に余波

新型コロナウイルスの感染拡大が、東南アジア諸国連合(ASEAN)の投資家心理に悪影響を与えている。28日に取引があったシンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピンの代表的な株価指数は、いずれも前営業日から下落した。 中国関連や旅行関連、素材・化学や資源など…

関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本ASEAN
関連業種: 医療・医薬品化学金融運輸天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

清水建設、600億円超のインフラ工事受注(14:39)

日系企業に操業停止の動き 車部品需要が減、原料供給も不安(04/10)

【業界探訪】越と印を主力生産拠点に 東元電機の邱純枝董事長に聞く(04/10)

テイクオフ:17世紀初頭の東アジア…(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

ファストリ減益へ、コロナ「戦後最大の危機」(04/10)

活動制限令で日系企業9割が在宅勤務を導入(04/10)

3月の売上高3~5%減、セブン・ローソン苦戦(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン