《安全》新型肺炎のピーク、4~5月か=香港大院長

香港大学医学院の梁卓偉(ガブリエル・リョン)院長は27日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、中国本土の大都市を中心に4~5月に感染のピークを迎えるとの予測を示した。武漢市の感染者数が25日時点で2万5,630人に上り、潜伏期の感染者を含める…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

23日まで集合制限令延長、美容院も休業対象(11:48)

テイクオフ:日本は新年度を迎え、各…(04/08)

HSBC、個人株主が「連合」 比率5%目標、配当実施求める(04/08)

新型コロナ、21人が感染=累計935人に(04/08)

行政長官俸給は2.6%増、議会で批判も(04/08)

集合制限令違反で初の罰金、将棋仲間6人に(04/08)

中国本土との金融連携を強化、政府高官(04/08)

MPF、3月の運用損は2万4千ドル(04/08)

続伸、欧米の感染緩和を好感=香港株式(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン