《安全》新型肺炎のピーク、4~5月か=香港大院長

香港大学医学院の梁卓偉(ガブリエル・リョン)院長は27日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、中国本土の大都市を中心に4~5月に感染のピークを迎えるとの予測を示した。武漢市の感染者数が25日時点で2万5,630人に上り、潜伏期の感染者を含める…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

テイクオフ:香港の繁華街で、若者向…(02/19)

香港などへの渡航制限緩和 比人の出国可能に、出稼ぎ者配慮(02/19)

見本市、4月いっぱい中止 貿易発展局、負の連鎖に懸念も(02/19)

HSBC、19年は全体で純益半減も香港好調(02/19)

280億$の防疫基金創設案、21日に議会提出(02/19)

11~1月の失業率3.4%、過去3年で最悪(02/19)

新型肺炎、フィリピン人メイドも=計61人に(02/19)

マカオのカジノ、当面は各社とも限定営業(02/19)

ギャラクシー、大阪IR参入への応募見送り(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン