《安全》新型肺炎のピーク、4~5月か=香港大院長

香港大学医学院の梁卓偉(ガブリエル・リョン)院長は27日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、中国本土の大都市を中心に4~5月に感染のピークを迎えるとの予測を示した。武漢市の感染者数が25日時点で2万5,630人に上り、潜伏期の感染者を含める…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

香港社など3者、洋上データセンター建設へ(18:36)

培養魚肉の研究・生産に着手 アバント社、23年にも商用化(09/22)

主要株価指数、中国恒大リスクで大幅下落(09/22)

ブランド品ECのルフレア、地場企業が再始動(09/22)

テイクオフ:選挙委員会の委員を選ぶ…(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン