• 印刷する

ガルーダ航空、名古屋便を3月29日で運休

ガルーダ・インドネシア航空は、3月29日で名古屋―ジャカルタ直行便を運休する(同社提供)

ガルーダ・インドネシア航空は、3月29日で名古屋―ジャカルタ直行便を運休する(同社提供)

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は27日、3月29日からの夏季スケジュールでジャカルタ―名古屋(中部国際空港)線直行便を運休すると発表した。就航からわずか1年での運休となる。

運休する直行便(いずれも現地時間)は、ジャカルタ発(毎週火曜と金曜)のGA884便は午後10時35分に出発、名古屋に翌日の午前7時25分到着。名古屋発(同水曜と土曜)のGA885便は午前10時に出発、ジャカルタに午後3時35分到着する。

ガルーダ航空のジャカルタ―名古屋線は、かねて愛知県知事から直行便の実現要請を受けていたほか、日本企業のインドネシア投資をさらに拡大させられるとの期待から、昨年3月に初の直行便として就航した。しかし「国際線の路線再編」を理由に、昨年8月25日より週4便から週2便に減便していた。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

テイクオフ:「スヌーピーで言うと首…(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

【この人に聞く】民間向け太陽光発電を本格化 トリニタン、工場やEV、農業も(02/25)

過積載トラックの全面禁止、23年に延期(02/25)

電器製品業界、中国から部品調達が遅滞(02/25)

バンドン高速鉄道、肺炎影響に異なる見解(02/25)

5月に石炭輸出激減も、国内海運の利用義務(02/25)

通信アクシアタ、66億リンギの設備投資計画(02/25)

首都のオフィス需要、19年は前年比24%増(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン