• 印刷する

SEZ通じた輸出額、19年は27%増

カンボジアのオウン・ポンモニラット財務経済相は、経済特区(SEZ)を通じた2019年の輸出額が前年比27%増の26億8,800万米ドル(約2,932億円)だったと明らかにした。プノンペン・ポスト(電子版)が27日伝えた。

同相によると、国内54カ所のSEZでは19年末時点で465社が操業し、10万人以上が働いていた。

北西部バンテイメンチェイ州ポイペトのポイペト・オネアンSEZでブランドマネジャーを務めるリ・キムホン氏は、SEZへの投資が拡大している理由として「政府による投資関連法の整備、熟練労働者の増加、隣国タイと比較した場合の人件費の低さ」などを指摘。「今後もSEZからの輸出は増加する」と予想した。

ポイペト・オネアンSEZでは4工場が操業し、約7,000人を雇用する。現在は2工場が新たに建設中という。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

メコン川沿いで港湾開発計画、公共事業相(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

シアヌークビルに観光特区、沿岸部を開発(02/25)

ホテル開業続く、新型肺炎の影響なく(02/25)

制裁検討のEU代表団、近くミャンマーへ(02/25)

イオン、ネット配送を本格化 多忙な現代人の需要取り込み(02/24)

自動車組み立て産業向け優遇措置、継続へ(02/24)

香港との租税条約、1月に発効(02/24)

通信SEATEL、5Gの試験運用開始(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン