PM2.5問題、長期対策に課題 今年も損失210億円超、批判強まる

タイの首都バンコクなどで微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が、乾期に入ってから高い数値を記録している問題で、タイ政府に対する風当たりが強まっている。昨年の乾期に大気汚染の悪化が大々的に報道されたが、実際には例年乾期のPM2.5の数値は高く、政府の対策が車両規制など短…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

首相が内閣改造を実施、6ポスト入れ替え(08/07)

CPTPPの加盟申請、今年は断念=商務省(08/07)

7月のCPI0.98%低下、下落率は縮小(08/07)

経済3団体、GDP見通しを再び下方修正(08/07)

独MANがタイ参入、トラック3モデル発表(08/07)

JBIC、車部品エヌティー精密向けに融資(08/07)

車シートのインター、下期の受注拡大を予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン