新型肺炎の疑い11人、全て外国人=保健省

フィリピン保健省は27日、新型コロナウイルスによる肺炎の疑いがある外国人11人を検査していると明らかにした。国内では現時点で新型肺炎の感染者は確認されていないが、世界的な感染拡大を受けて懸念は強まっている。複数の地元メディアが伝えた。 デュケ保健相は「現時点で11人が…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

テイクオフ:各国の空港で旅行者が手…(02/18)

政府、20年の成長率目標維持 新型肺炎に懸念、支出増で下支え(02/18)

新型肺炎疑いの入院減少、水際対策が奏功(02/18)

出光興産、ブラカンで太陽光発電に参画(02/18)

電子製品輸出に打撃も、新型肺炎が影響(02/18)

日本が医療用品を支援、新型コロナ対策で(02/18)

再生エネ発電、40年に2千万kWへ増強(02/18)

比の再生エネに200億ドル投資、米機関予測(02/18)

映像ビバがIPO再計画、40億ペソ調達へ(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン