ハイブリッド機関車を受注、独で50両=東芝系

【共同】東芝インフラシステムズは23日、欧州最大の鉄道貨物運営会社「ドイツ鉄道貨物」から、ディーゼル発電機とリチウムイオン電池の電力を併用して走るハイブリッド機関車50両を受注したと発表した。受注額は200億円弱とみられ、2021年からドイツの工場で製造する予定。22年から…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

日産とスズキも工場を休止、6日から(04/04)

企業の半数近くが採用抑制 日系求人も減少、業績悪化で(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

テイクオフ:薬局やスーパーの棚でマ…(04/03)

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン