新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃

新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が香港でも確認され、影響の広がりが懸念される中、金融市場の関係者らは今のところ実体経済への影響は軽微にとどまるのではないかと冷静に受け止めている。ただ、中国本土から多くの観光客が訪れる春節(旧正月、25日)を迎え、仮に今後、感…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 医療・医薬品金融建設・不動産小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

帰還の男性、初の感染判明=計74人に(22:58)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

香港市民の訪日旅行に暗雲 新型肺炎影響、3~4月に減少か(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

クルーズ船の香港住民、チャーター便で帰還(02/21)

政府、公務員の在宅勤務を3月1日まで延長(02/21)

肺炎対策費は300億$に、ホテルなども支援(02/21)

1月のCPI、1.4%上昇=5カ月連続鈍化(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン