《安全》新型コロナウイルス肺炎、政府が警戒強化

ラオス政府は、中国湖北省武漢市を中心に多発している新型のコロナウイルスによる肺炎への警戒態勢を強化した。国内では、今のところ感染者は報告されていない。ビエンチャン・タイムズ(電子版)などが23日に伝えた。 ラオス保健省は20日、公共事業・運輸省民間航空局や各県の保…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

チャーター機の運航許可、政府が一時停止に(08/04)

国内の貧困率、18~19年は18.3%に低下(08/04)

中老鉄路、線路の敷設21.4%が完了(08/04)

【ラオス経済通信】20年のGDP成長、3.3~3.6%に下方修正 第151回(08/04)

3700人以上がデング熱に感染、9人死亡(07/30)

南部~ラオスの送電線建設、来年着工へ(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン