《安全》新型コロナウイルス肺炎、政府が警戒強化

ラオス政府は、中国湖北省武漢市を中心に多発している新型のコロナウイルスによる肺炎への警戒態勢を強化した。国内では、今のところ感染者は報告されていない。ビエンチャン・タイムズ(電子版)などが23日に伝えた。 ラオス保健省は20日、公共事業・運輸省民間航空局や各県の保…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

16人目の感染者を確認(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

中国国境での輸出がまた減少 3月末は2割減、タイ国境は活況(04/09)

感染者15人に、英留学帰り仲間に広がる(04/09)

北部の森林火災やまず、被害拡大(04/09)

さらに2人の感染を確認、累計14人に(04/08)

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

在留邦人119人、ラオス航空の臨時便で帰国(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン