• 印刷する

《日系進出》NTTがミャンマー法人の営業を開始

NTTグループの海外事業を統括するNTTリミテッドグループは22日、ミャンマーにおける同社の完全子会社NTTミャンマーの営業開始を発表した。同国の通信市場の急速な拡大を見据えて、法人顧客向けに通信機器の管理運用やコンサルティングなど、情報通信技術(ICT)の複合的サービスを提供していく。

NTTミャンマーは資本金500万米ドル(約5億4,800万円)で設立。通信機器の販売のほか、ソフトウエアやクラウドサービスなどを提供する。大学における寄付講座などを通じて、ICTの人材開発にも貢献してゆく方針。

売り上げ目標は非公表。同社によると、ミャンマーの情報通信産業は年率12%のペースで拡大しており、大きな商機を提供しているという。

■海底ケーブル敷設へ4億米ドル投資

NTTリミテッドは、シンガポールの合弁会社を通じて、シンガポールとミャンマーの最大都市ヤンゴン、インドのムンバイ、同チェンナイの4都市を結ぶ海底ケーブル「MIST」も敷設する。投資額は4億米ドルで、2022年6月の運用開始を予定している。

NTTのミャンマーでの営業は、これまでNTT(タイランド)=旧NTTコミュニケーションズ(タイランド)=のヤンゴン支店が行っていた。19年2月にNTTミャンマーを設立。開業準備期間を経て、20年1月1日付でNTT(タイランド)ヤンゴン支店から業務を移管した。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

オフショアで新ガス田発見 韓ポスコ、商業生産見込む(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

韓国KB国民銀、外銀免許取得の準備を推進(02/21)

ヤンゴン、市内47カ所で大気汚染を観測へ(02/21)

AFTA参加に向け貿易戦略を強化、商業省(02/21)

ヤンゴンの土地払い下げ、640件が審査通過(02/21)

次期総選挙、約100政党が争う見通し(02/21)

離島を「スー・チー島」に、地元で要望(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン