• 印刷する

中国企業、コンポンスプー綿産業へ投資検討

中国企業がカンボジア南部コンポンスプー州の綿産業に大規模な投資を検討している。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

同州のベイ・サムナン知事は、17日にこの企業の代表団と州庁舎で会見したと語った。企業名や具体的な投資額は明らかにしなかったが、中国の大企業が同州での綿栽培および加工に関心を持ち、すでに事業化調査も行っていると述べた。中国企業が綿栽培の投資対象として検討している綿畑は、広さが3万ヘクタール相当という。州当局は土地所有者との橋渡し役となり、土地の買収を支援する方針だ。

カンボジアでは昨年7月に西部ポーサット州でも、中国の江蘇聯発紡織が衣料品工場向けの綿の栽培・加工に投資する計画を発表した。すでに試験栽培を成功させ、同州バカン地区で180ヘクタールの第2次試験に向けて準備している。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

感染疑いあったクルーズ船、マニラへ(13:15)

南部港にコンテナターミナル建設、日本支援(02/26)

EU経済制裁、不動産市場に影響軽微の見方(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

首相が内閣改造視野、工業省の改編後に実施(02/26)

タイ損害保険ティパヤ、カンボジア進出へ(02/26)

エアソウル、不振路線の3月運航を中断(02/26)

アジアの観光業、肺炎で1150億ドルの損失(02/26)

メコン川沿いで港湾開発計画、公共事業相(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン