独化学大手が農薬工場設置へ 37億円投資、ア太シェア2倍狙う

ドイツ化学大手BASFは22日、農業ソリューション事業部門がシンガポール西部トゥアスに農薬などを生産するリージョナル・プロダクション・ハブを設置すると発表した。投資額は約3,000万ユーロ(約36億5,500万円)。人口増加に伴い拡大するアジア太平洋地域の需要に応えるのが狙…

関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(09/28)

【識者の見方】低コストな資金調達手段 STO市場の幕開け(上)(09/28)

日本との長期滞在者往来、30日から開始(09/28)

8月製造業生産14%上昇、4カ月ぶりプラス(09/28)

炭素サービスのハブへ、政府が戦略始動(09/28)

投資認可額、上半期は30%減の648億リンギ(09/28)

職場の人数制限緩和、企業は段階的に(09/28)

2社の顧客情報システム、不正アクセス発覚(09/28)

航空機内装品のジャムコ、子会社を清算(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン