• 印刷する

テイクオフ:「カシミールに渡航中の…

「カシミールに渡航中のため期間中はメールの確認ができません」。取材の機会をもらった人からそんなお知らせが届いた。「自治権はく奪」が決まったのは昨年8月。約5カ月が経ったが、いまだにインターネットの規制が続いているのだ。

改正国籍法に対する抗議活動の余波で、首都でも一部地域でネット規制が行われた。メールや地図、配車アプリといった移動手段まで、日常生活の隅々にまで入り込んでいるネットの遮断がもたらす影響は大きい。

先日は空港で通信がひどく遅かった。いつもの運転手に電話できない、車をアプリで手配したくてもネットがつながらないとなった時、何度も利用している空港が知らない場所になったかのような怖さを感じた。

最高裁が1週間以内にジャム・カシミールでのネット遮断を見直すよう命じてから、1週間以上が経過。改善は限定的で、規制はまだ続いている。(榎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

印ホテルOYO、契約者が不満点を指摘(02/21)

テイクオフ:南はいい。例えばベンガ…(02/20)

鉄鋼業界、大手3社が赤字 価格下落が影響(02/20)

英GFG、インドの鉄鋼2社を買収(02/20)

英JLR、新型肺炎で工場閉鎖の可能性(02/20)

アップル製品、新型肺炎で早くも品薄に(02/20)

インド向け農水産物輸出、中国代替で拡大へ(02/20)

LED電球の値上げも、新型肺炎の影響で(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン