• 印刷する

テイクオフ:1月の第2土曜日はタイ…

1月の第2土曜日はタイのこどもの日で、各地で催しが開かれた。取材申請していた玩具メーカーからは「一大イベントなので、それが終わった後でお願いします」と連絡があったほどだ。

自宅近くの商業施設は、環境をテーマにしたイベントを開催。堅い話ではなく、太陽光パネルを搭載した小型の動力付き自動車模型や小型の水族館が設置されるなど、遊びながら学べる内容だった。一方、軍は基地を開放して子どもを戦車に乗せ、機関銃を触らせるなどした写真が地元紙に載っていた。SNSでは、若者が幼少期の写真をアップするのが恒例となっているようで、無邪気な写真が流れていた。

そしてきょう21日は、憲法裁判所が若者も多く支持する「新未来党」の解党判断を下す予定だ。若者たちがSNSにアップした写真の未来で起きている政治を考える1日となることだろう。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週末、首都バンコクで…(09/22)

日本発の外国人専用便が増加 10月は週3便、予約状況に余裕も(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

8月の6空港利用者、78.7%減の257万人(09/22)

国営長距離バス、旧南ターミナルに復帰計画(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

トラベル・バブル、行動範囲制限する国も(09/22)

Hセム、CLMV諸国に電動二輪売り込み(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン