就業者数は24年から減少、少子化の影響で

急速な少子化の影響で、韓国の就業者数が2023年をピークに減少に転じる見通しであることが20日分かった。韓国統計庁によると、人口特別推計(17~67年)を基に、15歳以上の昨年の雇用率(60.9%)が続くと仮定した場合、24年の就業者数は前年より1万9,439人減少するという。 4年…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎、感染者15人増え46人に(12:56)

テイクオフ:米アカデミー賞で4冠と…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

まだ続く日本製品の不買運動 消費財輸入3割減、品目も多様化(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

新型肺炎新たに1人、感染者31人に(02/19)

ムーディーズ、20年成長率1.9%に下方修正(02/19)

韓国政府、素材・部品・設備の開発加速へ(02/19)

サムスンのQD技術、英社が特許侵害で提訴(02/19)

韓国日産で希望退職者募集、販売急減受け(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン