【転換期インドの攻略法】第17回 物流プロセスの現代化と事業機会: 益田勝也/門林渉

■物流業界はまだオーガナイズされていない インドの物流事業者はTNT、DHL、Fedex等の外資が上位にランクされるが、それ以下の企業の多くはインド企業である。物流事業者の上位でも売上高は百数十億ルピー程度の大きさであり、日本や国際的な物流事業者の規模に比べて小粒である。…

関連国・地域: インド
関連業種: 運輸小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では10月からの消…(10/18)

日本ブランドの家電、印で生産 地場が山水とナカミチを発売(10/18)

バジャジ、来年1月に電動スクーター発売(10/18)

ダイムラー、BS6対応パワートレイン生産(10/18)

MGモーター、EV充電で新興企業と提携(10/18)

バッテリーのエキサイド、eリキシャ市場に参入(10/18)

ブルースター、エアコンでシェア15%目標(10/18)

インドの携帯電話工場、半数超が操業停止(10/18)

インターネット企業、7~9月に40億ドル調達(10/18)

京セラ、東部オディシャにIT専門学校を開設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン