• 印刷する

オージーが顔認識アプリ開発、FBIも使用

オーストラリア人の技術者で元モデルのホアン・トンザット(Hoan Ton-That)氏が開発した顔認識アプリが、米連邦捜査局(FBI)をはじめとする捜査機関によって犯人捜査などに広く使用されていることが、米紙ニューヨーク・タイムズの報道で分かった。

トンザット氏らが設立した米スタートアップ企業、クリアビューAIの顔認識アプリは、フェイスブックやユーチューブ、ツイッターなどのソーシャルメディアから自動的に収集した30億枚を超える画像のデータベースを用いて捜査対象の人物を瞬時に特定することが可能。米インディアナ州警察は同アプリの使用により、発砲事件の容疑者を20分以内に割り出すことができたという。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州とビクトリア州の警察は、業務の一環として顔認識技術を導入していることを認めているが、使用しているソフトウエアは公表していない。

ディーキン大学の犯罪学の上級講師で、NPOのオーストラリアン・プライバシー・ファンデーション(APF)の理事を務めるモニークマン博士は、顔認識技術の使用は公共空間での個人のプライバシーを侵害し、「非常に危険」だとし、使用の禁止または一時停止を要求している。


関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近利用が減ったのが、…(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

州インフラ開発に100億$追加 連邦、10月発表予算案で(09/22)

政府が失業給付金の条件厳格化、就職促進で(09/22)

相続税導入で印紙税廃止を=著名経済学者(09/22)

VIC州、コロナ規制解除案を改定へ(09/22)

〔政治スポットライト〕菅首相、モリソン首相と初電話会談(09/22)

HCL、豪同業を1億5820万豪ドルで買収(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン