• 印刷する

国内の大気汚染、先週末から改善傾向

カンボジア環境省は19日、国内の大気汚染が改善傾向にあると発表した。クメール・タイムズ(電子版)が20日伝えた。

同省の報道官は、微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が、17日の60μg/m3(マイクログラム/立方メートル)から、19日には安全圏とされる50μg/m3に減少したと報告。「プノンペンと全ての州で、大気汚染は徐々に改善している」と話すとともに、引き続き状況を注視する考えを示した。

カンボジアでは乾期の突入に伴い大気汚染が悪化。フン・セン首相は今月上旬、政府関係者らに対し、工場や自動車、野焼き、建築現場での廃棄物の焼却から発生する汚染物質の削減を指示していた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

感染7.4万人に、首都は数公表せず(07/28)

入国者の隔離ホテル選択制度、2カ所で始動(07/28)

日本が3.6億円を無償供与、人材育成を支援(07/28)

ネット利用拡大、SIM登録など増加(07/28)

一部事業と集会の禁止、首都で2週間延長(07/27)

マンゴー輸出ほぼ倍増、中国向けが主流(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン