東芝子会社で架空取引、売上高200億円過大計上

【共同】東芝は18日、子会社の東芝ITサービス(川崎市)で数年間、架空取引があったと発表した。2019年9月中間連結決算までの累計で売上高約200億円が過大に計上されていたと見込まれるという。 19年11月ごろに外部から指摘があり発覚した。東芝は弁護士や公認会計士らによる社…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

清水建設、600億円超のインフラ工事受注(14:39)

日系企業に操業停止の動き 車部品需要が減、原料供給も不安(04/10)

【業界探訪】越と印を主力生産拠点に 東元電機の邱純枝董事長に聞く(04/10)

テイクオフ:17世紀初頭の東アジア…(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

ファストリ減益へ、コロナ「戦後最大の危機」(04/10)

活動制限令で日系企業9割が在宅勤務を導入(04/10)

3月の売上高3~5%減、セブン・ローソン苦戦(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン