• 印刷する

沙中線の大囲―啓徳区間、2月14日開通へ

香港政府運輸・住宅局の陳帆(フランク・チャン)局長は17日、香港鉄路(MTR)沙中線の大囲駅―ホンハム駅区間のうち、大囲駅―啓徳(カイタク)駅区間が2月14日に開通すると明らかにした。官営メディアのRTHKなどが伝えた。

新たに開通する区間は、新界の屯門から馬鞍山までをつなぐ「屯馬線」の第1期部分にあたる。

大囲駅―啓徳駅区間の開通に伴い、顕径駅、ダイヤモンドヒル駅拡張部分、啓徳駅が新しく開業する。ピーク時の運行本数は3.5分に1本。大囲からダイヤモンドヒルまでの所要時間は現在の17分から9分に短縮される。

MTRを運営する香港鉄路公司(MTRC)は、顕径駅か啓徳駅のスマートカード「オクトパス(八達通)」による利用で運賃を1HKドル(約14円)割り引くと発表。大囲駅―ホンハム駅区間の全面開通までこのプロモーションを続けるという。

一方、ホンハム駅は工事問題の発覚により作業が遅れており、啓徳駅―ホンハム駅区間の開通は21年末までずれ込む見通し。当初の計画より2年以上遅れることになる。


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

大型IPO控え資金流入続く 金管局、米ドル買い介入恒常化(09/22)

海外資金流入額が3割増加 香港から移転、金融ハブ地位向上(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

新規感染者6人、域内で2人=計5038人(09/22)

流入症例増加、専門家は「第4波」警戒(09/22)

SKがESR株売却、次世代事業に投資へ(09/22)

トラベル・バブル、行動範囲制限する国も(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン