噴火から1週間、警戒維持も噴煙弱まる

フィリピンの首都マニラ南方にあるタール火山(標高311メートル)が噴火してから、19日で1週間が経過した。噴煙の勢いは弱まり、航空便も通常運航に戻っている。ただ数日内に爆発的噴火が起こる恐れは残っており、当局は警戒を呼び掛けている。 フィリピン火山地質学研究所(Ph…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:定点観察は物事の変化を…(01/27)

22年昇給率、4.3%に縮小 コロナ禍で日系企業、NNA調査(01/27)

新型コロナ、新たに1万5789人感染(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

オミクロン株の死者計5人に、保健省(01/27)

公共交通の利用制限、出勤者は30日猶予(01/27)

〔ミ島通信〕ダバオ、外出禁止800カ所超に(01/27)

運輸省、交通機関の接種会場拡大へ(01/27)

未接種者の「差別」に苦情、弁護人事務所(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン