トバ湖で6社がホテル開発、2兆ルピア投資

インドネシア北スマトラ州にある世界最大のカルデラ湖、トバ湖周辺で今年、6社がホテルを開発する計画だ。投資総額は約2兆ルピア(約161億円)とみられている。16日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 投資するのは、2018年にバリ島で開催された国際通貨基金(IMF)・世界銀…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産観光


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者数予測、6月に10万人超えも(21:37)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(22:10)

新型コロナ流行、防犯意識も 経済悪化で生活一変、モラル低下(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン