トバ湖で6社がホテル開発、2兆ルピア投資

インドネシア北スマトラ州にある世界最大のカルデラ湖、トバ湖周辺で今年、6社がホテルを開発する計画だ。投資総額は約2兆ルピア(約161億円)とみられている。16日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 投資するのは、2018年にバリ島で開催された国際通貨基金(IMF)・世界銀…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産観光


その他記事

すべての文頭を開く

PLN、ジャワ中・西部の送電網整備を加速(20:29)

地場人材HRネット、インドネシアで合弁(19:18)

遠隔医療アプリ、インドネシアで利用拡大(20:32)

地場フィンテック、イスラム寄宿学校に商機(20:32)

テイクオフ:社内で風邪がはやってい…(01/21)

テイクオフ:空の玄関口として拡張が…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

下げ止まらない訪問外国人数 ジャカルタ、新しい観光戦略急務(01/21)

1~11月外国人訪問者数、リアウ諸島が2位(01/21)

起亜がSUVを投入、目標販売台数は4桁(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン