米ゴールドマン減益、1MDB関連費かさみ

【ニューヨーク共同】米金融大手の2019年10~12月期決算が16日出そろう。米利下げに伴って利ざやの縮小傾向が続き、経営環境は厳しさを増した。過去の不祥事の影響も加わったウェルズ・ファーゴとゴールドマン・サックスなど3社が減益となった。 ウェルズ・ファーゴの利ざやは2.…

関連国・地域: マレーシア米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

20年版の国勢調査開始、10月末まで(18:21)

テイクオフ:在宅勤務が続いても体が…(07/08)

中銀が4会合連続利下げ 政策金利、過去最低の1.75%(07/08)

エアアジアの1Q決算、赤字は前期比2.1倍(07/08)

RM1=25.2円、$1=4.28RM(7日)(07/08)

首都圏で計画断水、14日から最長4日間(07/08)

シンガポールとの往来再開、8月頭にも合意(07/08)

コロナ禍で今年の消費支出0.2%減、フィッチ(07/08)

今年の社債発行額は最大4割減も、地場格付(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン