19年の退職募集1万人超、電機・半導体目立つ

【共同】東京商工リサーチは15日、2019年に早期・希望退職者を募集した上場企業が延べ36社で、対象人数は計1万1,351人に上ったと発表した。1万人を超えるのは6年ぶりで、社数、人数とも18年比で約3倍と大幅に増加した。 業績不振による従来型のリストラに加え、事業環境の変化…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

企業の半数近くが採用抑制 日系求人も減少、業績悪化で(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

テイクオフ:薬局やスーパーの棚でマ…(04/03)

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

日本、豪NZからの全入国者に感染検査実施(04/03)

邦人女性が感染、計1049人(2日)(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン