新規契約が不振、保険契約収入8年ぶり減少

台湾金融監督管理委員会(金管会)によると、域内生命保険会社による2019年の保険契約収入は、前年比1.3%減の3兆4,667億台湾元(約12兆7,000億円)だった。マイナス成長は8年ぶり。工商時報が伝えた。 このうち、新規契約収入は1兆2,747億元で、前年に比べ7.6%の落ち込みとな…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総統選の前夜、台湾人の…(01/20)

TSMC、今年2割増収へ 1.25兆元規模に、設備投資も拡大(01/20)

鴻海とフィアットがEV合弁へ、中国に照準(01/20)

訪日消費4兆8千億円、7年連続で過去最高に(01/20)

和碩の20年業績と資本的支出、「前年超え」(01/20)

工業設備稼働率、19年は76.6%に小幅上昇(01/20)

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(01/20)

英業達が上海工場を売却、生産移管で(01/20)

外資が台湾通信業を悲観、5G落札額高騰で(01/20)

ASUS研究機関、東森にソリューション(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン