• 印刷する

広州空港―港珠澳大橋に直通バス、1日3往復

広東省広州市の広州白雲国際空港(広州空港)と香港とマカオ、広東省珠海市を結ぶ海上橋「港珠澳大橋」間の直通バスの運行が15日から始まった。広州空港第2ターミナルと港珠澳大橋の珠海ゲートを結び、1日3往復する。16日付信息時報が伝えた。

往路は午前7時40分、午前9時、午後2時50分発、復路は午前9時、午前11時、午後1時発。所要時間は3時間45分で、運賃は105元(約1,700円)。乗車券は現地で直接購入するか、チャットアプリ「微信(ウィーチャット)」内のアカウント「白雲機場空港快線」、「港珠澳大橋珠海口岸」で購入できる。


関連国・地域: 中国-広東香港マカオ
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:営業を再開して3カ月が…(08/10)

7月輸出が5カ月ぶりプラス 前年比0.4%増に、IT好調継続(08/10)

隔離違反で感染拡大に危機感 政府、新常態キャンペーン開始(08/10)

全希望者にPCR検査実施 中国政府が支援、1日50万件対応(08/10)

7月の貿易額3.4%増加 2カ月連続プラス、輸出中心に回復(08/10)

米が中国アプリ排除へ、大統領令「取引禁止」(08/10)

鴻海、中国・昆山工場で5G部品生産(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン