• 印刷する

広州空港―港珠澳大橋に直通バス、1日3往復

広東省広州市の広州白雲国際空港(広州空港)と香港とマカオ、広東省珠海市を結ぶ海上橋「港珠澳大橋」間の直通バスの運行が15日から始まった。広州空港第2ターミナルと港珠澳大橋の珠海ゲートを結び、1日3往復する。16日付信息時報が伝えた。

往路は午前7時40分、午前9時、午後2時50分発、復路は午前9時、午前11時、午後1時発。所要時間は3時間45分で、運賃は105元(約1,700円)。乗車券は現地で直接購入するか、チャットアプリ「微信(ウィーチャット)」内のアカウント「白雲機場空港快線」、「港珠澳大橋珠海口岸」で購入できる。


関連国・地域: 中国-広東香港マカオ
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(13:49)

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(13:49)

香港政府、湖北省居住者の入境を禁止(11:39)

春節休暇2月2日まで延長、新型肺炎に対応(11:01)

新型コロナウイルス、4人目の感染確認(09:50)

武漢の感染者さらに1千人増も、市長(17:56)

都市鉄道で肺炎防止策、マスク義務化や検温(17:56)

春節連休中の外出自粛、感染症専門家が訴え(15:39)

肺炎死者80人に、湖北省で新たに24人(09:17)

上海市、市内の企業は来月9日まで休業に(18:18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン