• 印刷する

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位

ポーランドのインターネット関連会社、ピコディドットコムがこのほど実施した、全国最低賃金制度が存在する54カ国・地域を対象にした調査で、マレーシアは今年の最低賃金手取り額の上昇率が20位だった。最低賃金の上昇で、食費以外への支出が拡大する見込みだ。

調査によると、マレーシアでは今年、最低賃金の手取り額は、前年の月額972リンギ(約2万5,600円)から1,060リンギへ9.1%上昇した。同国の月額最低賃金は、19年1月から全国一律1,100リンギで、来月から主要56都市は1,200リンギに上がる。

年初時点で、マレーシアで必需食品(牛乳、パン、コメ、卵、チーズ、肉、果物、野菜の8品目)の購入に必要な金額は月344リンギで、最低賃金に対する割合は32.4%だった。割合は前年の37.2%より小さくなったことから、ピコディは生活の質の向上が見込めると指摘した。

最低賃金の手取り額に必需食品支出が占める割合は今年、オーストラリアが7.0%で最小。2位は英国とアイルランド(7.3%)で、マレーシアは35位の少なさだった。東南アジアではベトナム(50.2%)が46位、タイ(51.6%)が47位、フィリピン(75.1%)が52位だった。


関連国・地域: タイベトナムマレーシアフィリピン欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ギグエコノミーへの転向、正社員38%が関心(22:10)

児童婚撲滅へ、政府が5年間の戦略計画(20:44)

テイクオフ:近所の道端にバナナがた…(01/20)

サバ州下院補選で与党敗戦 得票率1P差、州政府失政原因か(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

高速道PLUS、来月から料金18%引き下げ(01/20)

RM1=27.2円、$1=4.05RM(17日)(01/20)

ペナン島埋立計画の設計、最終候補に5連合(01/20)

サービスアパートの在庫解消、値引きが鍵(01/20)

ペステック、カンボジア太陽光事業を買収へ(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン