• 印刷する

テイクオフ:シンガポール西部にある…

シンガポール西部にあるアジア最大級という鳥類園「ジュロン・バードパーク」を12年ぶりに訪れた。通常は大人30Sドル(約2,400円)の入園料が無料となるウオーキングイベントに参加するためだ。

イベントは、指定された5カ所で、それぞれ軽いゲームをした後にもらえるスタンプを集め、最終的に景品がもらえる仕組み。開園と同時に参加者が目的地に殺到し、どこに行っても長蛇の列だった。皆、スタンプが押されると次の目的地に素早く向かい、ゆっくりと鳥類を見ている様子はない。自身も景品を目指して、脇目も振らずゴールを目指した。

ゴール後は疲れ果ててしまい、ランチを食べてからすぐに帰宅した。久しぶりの訪問だったが、鳥をじっくりと見て回ることはできなかった。有料でもよいので近いうちに再度訪れようという気になっているが、主催者の思惑にはまったか。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国の武漢を中心に流行…(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/28)

中国全土への渡航延期勧告 感染予防で(01/28)

新型コロナウイルス、4人目の感染確認(01/28)

新型コロナウイルス、新たに2人の感染確認(01/28)

グラブ、首都空港でEV配車サービス開始(01/28)

新型コロナウイルス検査キット、来月発売へ(01/28)

ラグナ州の揚水発電事業、海外2社が関心(01/28)

陸海の国境でも検温実施、新型肺炎対策で(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン