15日指数は反落、持ち高整理の売り優勢に

15日の台湾株式市場で、加権指数は5営業日ぶりに反落した。終値は前日比87.93ポイント(0.72%)下落し12,091.88ポイント、売買代金は1,486億6,300万台湾元(約5,620億円)だった。 加権指数が29年来の最高値圏にある中、15日の取引では持ち高整理とみられる売り注文が優勢。ハイ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:まさに大盛況。先日仕事…(08/05)

新車販売の4万台超え続く 7月実績、前月比6%増(08/05)

亜洲光学、特許侵害で日本サムスンを提訴(08/05)

佳世達、飲食店の運営可視化サービス提供(08/05)

納智捷が99.5%減資、財務立て直しへ(08/05)

健喬の医薬品、中国でコロナ用に販売申請(08/05)

日本のデジタル印刷板にダンピング課税へ(08/05)

長興、コロナ抗体検査の技術ライセンス取得(08/05)

亜洲水泥が下期楽観、中国の洪水復興需要で(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン