武漢の肺炎、空港・港湾で検疫体制強化

インドネシア保健省は、中国湖北省武漢市で2019年末から原因不明のウイルス性肺炎が発生していることを受け、国内の入国ポイントで検疫を強化している。タイでは8日、武漢からの観光客が感染していることが確認され、中国以外では初めての発症例となった。15日付ジャカルタ・ポス…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:社内で風邪がはやってい…(01/21)

テイクオフ:空の玄関口として拡張が…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

下げ止まらない訪問外国人数 ジャカルタ、新しい観光戦略急務(01/21)

1~11月外国人訪問者数、リアウ諸島が2位(01/21)

起亜がSUVを投入、目標販売台数は4桁(01/21)

NEDOの3案件、JCMのクレジット発行(01/21)

マイクロソフト、データ施設に10億ドルか(01/21)

過積載トラック禁止、鉄鋼など5品目は延期(01/21)

首都とジャワ島西端、鉄道で2時間に(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン