武漢の肺炎、空港・港湾で検疫体制強化

インドネシア保健省は、中国湖北省武漢市で2019年末から原因不明のウイルス性肺炎が発生していることを受け、国内の入国ポイントで検疫を強化している。タイでは8日、武漢からの観光客が感染していることが確認され、中国以外では初めての発症例となった。15日付ジャカルタ・ポス…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都の企業31社を一時閉鎖 PSBB移行期、従業員感染など(08/07)

財務相、法人予納税の減額率を50%に拡大へ(08/07)

国内でビザ失効、今月20日までの出国義務化(08/07)

イオンBSD店が臨時休業、社員2人が陽性(08/07)

トヨタがカローラSUV発売、HVタイプも(08/07)

配車ゴジェック、新アプリのサービス開始(08/07)

コンサル企業、年末までに半数以上が廃業も(08/07)

リッポー・カラワチ、上半期は3%減収(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン