〔政治スポットライト〕TAS首相が突然の辞任「家族と時間を」

オーストラリア・タスマニア(TAS)州のウィル・ホッジマン首相(50)が14日、任期を2年余り残し、突然の辞任を表明した。家族と過ごす時間を増やしたいというのが理由。2022年の州選挙に向けて同州自由党には新しいリーダーが必要だと主張し、辞任するには「適切な時期だ」…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:これまでオーストラリア…(01/23)

豪、民間投資刺激策を導入へ 5月発表の予算案の核に(01/23)

日本の投資家、豪州の新規国債を嫌気(01/23)

豪1月消費者マインド下落、山火事影響(01/23)

南ア小売大手、豪百貨店DJsの売却否定(01/23)

NAB子会社に集団訴訟、年金管理違反で(01/23)

包装パクト、受託製造部門の売却を計画(01/23)

FBの仮想通貨リブラ、豪が新規制提案(01/23)

豪の被雇用者減少の恐れ、山火事被害拡大で(01/23)

企業文化や報酬の調査、金融企以外にも拡大(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン