増えるドイツ企業の越進出 累計で350社、車部品で存在感も

ドイツ企業のベトナム進出が、着実に増えている。ドイツは中国への投資や貿易を通じて自国の成長エンジンとしてきたものの、中国経済の減速や各種のリスクが顕在化していることで、「チャイナプラスワン」の流れが加速する傾向にある。近年は自動車関連など、ハイテク分野の投資が…

関連国・地域: ベトナム欧州
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(12:32)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

フォード、19年販売は31%増の3万2000台(01/17)

iPhoneXR、販売大手2社で対応真逆(01/17)

ベトナム郵政情報通信、HOSEに上場(01/17)

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位(01/17)

IT企業のテト賞与、最大で6カ月分(01/17)

神戸ビーフ、ベトナムで正式に販売開始(01/17)

EU向け水産、4月から添加物規制強化へ(01/17)

韓国ロッテマート、PB・売り場づくり好調(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン