首都新空港の建設、中国系3社が受注

カンボジアの首都プノンペン近郊の新空港開発計画で、中国系3社が建設を受注した。3段階に分けて事業を進め、2022年7月の試験的な供用開始を目指す。プノンペン・ポスト(電子版)が14日に伝えた。 空港開発の事業主体カンボジア・エアポート・インベストメント(CAIC)は…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本との貿易額、19年1~11月は12%増(01/21)

休眠中のバッタンバン空港、再生計画が浮上(01/21)

リエル建ての預金、前年末比37%増(01/21)

国内の大気汚染、先週末から改善傾向(01/21)

ICTサマート、カンボジア航空管制を上場(01/21)

結核予防会、首都に健康診断センター開設(01/20)

アクレダ銀とウイング、電子決済などで提携(01/20)

韓国現代系がマンゴー加工工場、輸出も開始(01/20)

カタール航空、シエムレアプ便を11月就航(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン