起亜自労組の19年交渉、追加で暫定合意

韓国の起亜自動車は15日、2019年の賃上げを巡る労使交渉が前日に暫定合意に達したと発表した。 労使は昨年12月に、基本給の4万ウォン(約3,800円)引き上げのほか、成果給と激励金の名目で前年比150%増に300万ウォンの追加支給などで暫定合意した。続いて今回は◇社内福祉基金へ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、QD有機ELの専門部署を新設(17:59)

起亜自動車、19年の営業益73.6%増(17:20)

車用プラ有機ELパネル、LGDが量産開始(18:26)

ローツェが追加受注、サムスンへパネル装置(17:20)

現代商船が4月にも社名変更へ(17:19)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

起亜自、新興国では内燃機関車に軸足(01/27)

シャープ有機ELテレビ、LGのパネル採用(01/27)

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン