改正産業安全保健法が施行、企業負担大きく

下請け労働者の安全のために元請事業主の責任を強化した改正産業安全保健法がきょう16日、施行される。日系企業の労災予防に向けたコストが大きく増加しそうだ。 コンビニエンスストアや外食関連のフランチャイズ本部に対し労災予防措置が義務付けられた。本部は、加盟店向けに安…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】ビジネスのデジタル化が前倒し トレジャーデータ、CDPに順風(08/14)

新型コロナ感染者、2日連続で50人超(08/14)

サムスン、EUVシステムLSIに3D適用(08/14)

有機ELの省電力技術、サムスンDが開発(08/14)

LGD、小米に透明有機ELパネル供給(08/14)

LG電子、超大型マイクロLED看板を公開(08/14)

韓電の越発電所開発、サムスンなど参加検討(08/14)

SKハイニックス、米半導体設計会社に出資(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン