• 印刷する

テイクオフ:拡大する山火事を尻目に…

拡大する山火事を尻目に、シドニーにいれば安全だろうと高をくくっていたところ、年末に休暇でサウスコーストを訪れた義姉が山火事に巻き込まれてしまった。

義姉がサウスコーストに到着した翌日、同地とシドニーを結ぶプリンセスハイウエーが封鎖され、帰れなくなったと連絡が来た。数日後に停電になり、ガソリンの調達が困難になる前にと、ハイウエー前で開通を待っていたところ、運よくその日、住民を避難させるために道路が再開したため帰宅することができたという。地元では山火事や道路の状況を案内する窓口はなく、停電の中で自分で情報を集めるしかなかったようだ。

出発の数日前、義姉は「山火事の不安はあるが……」と話していた。あの不安は正しかったことになる。こういう時は自身の直感を信じるべきだということを、そばで学んだ経験だった。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

テイクオフ:住宅街で声をかけられた…(04/03)

パンデミック休暇制導入へ 豪労使裁定委、非正規にも適用(04/03)

日本、豪NZからの全入国者に感染検査実施(04/03)

NSWの社会的距離6月まで、各州入境拒否も(04/03)

政府の渡航禁止無視!1.6万人が出国(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン