インテルが半導体首位奪還、サムスン陥落

【共同】米調査会社ガートナーが14日発表した2019年の半導体メーカーの売上高ランキングで、米インテルが韓国サムスン電子を抜いて3年ぶりに首位を奪還した。日本勢ではキオクシア(旧東芝メモリ)が9位に入った。 インテルの半導体売上高は前年比0.7%減の657億9,300万ドル(約…

関連国・地域: 韓国日本米国
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(13:49)

ホンダ四輪、現調率引き上げなどに410億円(22:31)

ローツェが追加受注、サムスンへパネル装置(17:20)

日野自、豪トラック市場シェア17.5%に拡大(16:55)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

団体旅行禁止、東南ア経済に打撃も(01/27)

湖北省全域への渡航中止、日本外務省が勧告(01/27)

日系機械が販路拡大狙う 製造業に潜在需要、11社が出展(01/27)

ブチルゴムを1.5倍に増産へ ソフトプレン、新工場を開所(01/27)

アマタ会長=日系をミャンマーに誘致したい(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン