労働ビザ発給を最大2年停止 採用制度違反企業、対象者も拡大

シンガポール政府は14日、国民の雇用を優先する人材採用制度「フェア・コンシダレーション・フレームワーク(FCF、公平性を考慮する枠組み)」を改定したと発表した。採用面接で不当な差別を受けていると感じる国民が増えていることを受けた措置で、違反企業に対する外国人の労…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

台湾経済、今年ゼロ成長=DBSが上方修正(12:14)

QRコードで納税可能に、徴税額8割カバー(15:56)

衣料レンタルの新興企業、経営難でリストラ(14:53)

アジアデジタル金融研究所、年内にも開校(14:35)

共同キッチン巡る調査、市場健全化で終了(14:33)

テイクオフ:外出を自粛する生活が続…(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

米フィンテック企業、ア太平洋拠点設置へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン