労働ビザ発給を最大2年停止 採用制度違反企業、対象者も拡大

シンガポール政府は14日、国民の雇用を優先する人材採用制度「フェア・コンシダレーション・フレームワーク(FCF、公平性を考慮する枠組み)」を改定したと発表した。採用面接で不当な差別を受けていると感じる国民が増えていることを受けた措置で、違反企業に対する外国人の労…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本からシンガポールに…(01/23)

独化学大手が農薬工場設置へ 37億円投資、ア太シェア2倍狙う(01/23)

国際組織、貿易文書電子化で政府・企業と提携(01/23)

NZ・チリとのデジタル貿易協定、交渉妥結(01/23)

キャピタランド、傘下の不動産投信を統合(01/23)

情報通信庁、AIガバナンスで新施策導入(01/23)

配車グラブ、ポイント特典制度を縮小(01/23)

南洋理工大と米HP、デジタル製造研究所開所(01/23)

シンガポールとトルコ製鉄筋に不当廉売判定(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン