• 印刷する

本年度の雇用創出、前年比160万人減の予想

インドの国営銀行最大手インド・ステイト銀行(SBI)は、本年度(2019年4月~20年3月)の雇用創出数は前年度から約160万人減少するとの見通しを示した。PTI通信が13日に伝えた。

SBIが従業員積立基金機構(EPFO)の新規登録者数データを基にまとめた報告書によると、19年4~10月の雇用創出数は431万人だった。19/20年度の通年では739万人となり、昨年度実績(897万人)を158万人下回ると予測している。

従業員積立基金の対象者は月給1万5,000ルピー(約2万3,300円)以下の従業員で、従業員数が20人以上の企業に登録義務がある。


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ウィズコロナ」の時代…(08/06)

倉庫面積は今年も拡大 ECなどけん引、年内に回復へ(08/06)

日本からのチャーター便到着、160人超が搭乗(08/06)

テラの電動三輪広告事業、経産省など支援(08/06)

乗用車事業での提携、タタ自が報道を否定(08/06)

アショク、英バス会社に1台目のEVを納車(08/06)

コダックテレビ、新工場整備に50億ルピー(08/06)

ユニチャーム、工場火災の被害額161億円(08/06)

JSWが火発買収から撤退、再エネに注力(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン