• 印刷する

19年のFDI流入額、目標達成可能か

フィリピンの海外直接投資(FDI)流入額について、エコノミストの間では2019年通年の目標達成は可能との見方が出ている。19年度予算案の成立が遅れたことで前半は低調だったが、後半に巻き返すとみているようだ。14日付トリビューンが伝えた。

フィリピン中央銀行は通年目標を、当初の90億米ドル(約9,908億円)から68億米ドルに引き下げている。中銀が下方修正したFDI純流入額の通年目標は、過去2年間の実績を下回る水準だ。

ユニオン・バンクの経済調査部門チーフエコノミスト、ルベン・アスンシオン氏は「目標は達成可能」との見方を示す。リサール商業銀行(RCBC)経済・産業調査部門責任者のマイケル・リカフォート氏も同様の立場で、70億米ドルに達する可能性もあるとしている。

一方、カナダ系生命保険会社サンライフ(フィリピン)のマイケル・エンリケ最高投資責任者は、政府がここ数カ月、マニラ首都圏の水道運営会社2社と事業契約の内容を巡って対立していることに触れ、これがFDI誘致の障害になりかねないと指摘。通年目標を達成できるかどうかは不透明との見方を示している。

中銀によると、19年1~10月のFDI純流入額(速報値)は57億9,000万米ドルで、前年同期から32.8%減少した。親会社とフィリピン子会社間の融資などを示す負債性資本が大幅に減少したことが響いた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

火山活動の小康状態続く、航空便は全て再開(01/18)

経済特区で生産活動再開、噴火の影響限定的(01/17)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

火山の噴火、小康状態に 避難住民は増加、なお楽観できず(01/17)

発電所が一部停止、噴火の被災地域(01/17)

タイヤの米グッドイヤー、IT拠点を増強(01/17)

電子製品サーテック、情報開示違反で罰金(01/17)

Ubicom、連結子会社から配当金(01/17)

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位(01/17)

マニラ近郊に新空港次々、既存施設もう限界(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン