【アジア目線】第31回・ベトナムの工業化の課題(3)

第31回 ―広東省の加工貿易制度との比較― 広東省で1970年代末から自然発生的ともいえる香港企業による委託加工生産がはじまり、IT関連製品の産業集積地を形成した。広東モデルともいわれる加工貿易制度によって世界でも有数の工業集積地帯となったのである。そして、現在、この…

関連国・地域: 中国ベトナムアジア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機政治


その他記事

すべての文頭を開く

電動三輪普及事業の期限、来年5月に延長(17:26)

千代田化工、マセラ鉱区の予備設計を受注(18:07)

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

ティラワで新区画の販売開始 7月から、さらに拡張も視野(06/20)

独自動車の不正再燃、ディーゼル車が苦境に(06/20)

東電PGが再生可能エネ支援 成功大と提携、モデル区開発に参画(06/20)

東芝、家電市場でトップ3へ 新商品投入を強化、生産拡張も(06/20)

国内質店数が過去10年で2倍 競争激化、大手3社が半数占める(06/20)

順調なインフラ整備を強調 比経済閣僚が東京で説明会(06/20)

円借款、邦銀も供与に前向き 災害対策や高齢化問題でも支援(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン