マニラ南方で火山噴火 2.2万人が避難、影響長期化も

フィリピンの首都マニラ南方にあるタール火山(標高311メートル)が12日午後に噴火し、13日は首都圏を中心に市民生活に大きな影響が出た。約2万2,000人が避難を余儀なくされたほか、学校や政府機関は休校や休業が相次いだ。航空便は日本便を含む多くの国内・国際線が遅延・欠航し…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「まだ若いから何とでも…(04/08)

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

外出制限、月末まで延長 感染拡大防止へ効果見極め(04/08)

日系、外出制限延長で操業再開見送りも(04/08)

新型コロナ感染者3764人に、死者は177人(04/08)

低所得層への現金給付、4割の世帯に届かず(04/08)

経済区庁の投資認可額、1~3月は28%減(04/08)

クラーク空港、新ターミナルが96%完成(04/08)

PLDT系、複数社から計1.2億ドル調達(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン