マニラ南方で火山噴火 2.2万人が避難、影響長期化も

フィリピンの首都マニラ南方にあるタール火山(標高311メートル)が12日午後に噴火し、13日は首都圏を中心に市民生活に大きな影響が出た。約2万2,000人が避難を余儀なくされたほか、学校や政府機関は休校や休業が相次いだ。航空便は日本便を含む多くの国内・国際線が遅延・欠航し…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

火山活動の小康状態続く、航空便は全て再開(01/18)

経済特区で生産活動再開、噴火の影響限定的(01/17)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

火山の噴火、小康状態に 避難住民は増加、なお楽観できず(01/17)

発電所が一部停止、噴火の被災地域(01/17)

タイヤの米グッドイヤー、IT拠点を増強(01/17)

電子製品サーテック、情報開示違反で罰金(01/17)

Ubicom、連結子会社から配当金(01/17)

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位(01/17)

マニラ近郊に新空港次々、既存施設もう限界(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン