• 印刷する

神鋼環境ソリュ、シエムレアプで上水道拡張

神鋼環境ソリューションとシエムレアプ水道公社の契約調印式の様子=2019年11月(神鋼環境ソリューション提供)

神鋼環境ソリューションとシエムレアプ水道公社の契約調印式の様子=2019年11月(神鋼環境ソリューション提供)

神鋼環境ソリューション(神戸市)は9日、カンボジア北西部シエムレアプ市で上水道の拡張事業を受注したと発表した。日本の政府開発援助(ODA)事業の一環で、「パッケージ3」として浄水場建設と取水設備の機械・電気工事を請け負う。

シエムレアプ水道公社と請負契約を締結した。トンレサップ湖を水源にした浄水場を建設する。1日当たりの処理能力は6万立方メートルで、同地区で最大規模の浄水場となる。建設期間は33カ月で、2月初旬の着工を計画している。受注額は非公表。

神鋼環境ソリューションによると、シエムレアプ市では急激な人口増加によって、安全な水の需要が急速に拡大。シエムレアプ水道公社が保有する2カ所の浄水場のみでは、上水の供給が追いつかない状態となっている。このため、ホテルなどでは地下水のくみ上げが行われ、地盤沈下など環境への影響が懸念されているという。

今回受注した案件は、日本政府がカンボジア政府との間で2012年3月に調印した約72億円の円借款事業の一環。事業は3つのパッケージに分かれており、「パッケージ1」では取水施設および導水管・送水管工事、「パッケージ2」では配水管敷設工事が行われる。昨年1月には、クボタ建設(旧クボタ工建、大阪市)がパッケージ2をシエムレアプ水道公社から約21億円で受注したと発表した。

神鋼環境ソリューションはこのほか、カンボジアではこれまで浄水設備を4件受注。首都プノンペン郊外では、上水道事業も展開している。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率はマイナス2%、世銀が予測修正(10/01)

南部SEZのコンテナ、1~8月は22%増(10/01)

新型コロナ1人感染、累計277人に(10/01)

ANAの成田―プノンペン線、11月も運休(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

1~8月のインフレ率は3%、中央銀行(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン