マカティ市、19年の歳入188億ペソに増加

フィリピンのマニラ首都圏マカティ市のビナイ市長は8日、2019年の同市の歳入が前年比5%増の187億7,000万ペソ(約404億円)に上ったことを明らかにした。最大の収入源である事業税収が伸び、目標を上回った。9日付マニラブレティンが伝えた。 ビナイ市長が施政方針演説で明らか…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「親友の親戚家族全員が…(01/19)

受診者、デルタ流行期下回る オミクロン株、軽症者多く(01/19)

ASEAN向け日本留学フェア開催、岡山大(01/19)

新型コロナ、新たに2万8471人感染(01/19)

接種促進へ薬局など活用、まず7カ所(01/19)

公共交通の利用制限、従業員は対象外(01/19)

鉄道の利用制限、初日違反者は1700人超(01/19)

1~10月の死因、新型コロナは3番目(01/19)

【グラフでみるASEAN】対日貿易(11月)前年同月比25%増、5カ国で2桁プラス(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン