• 印刷する

首都圏洪水で集団訴訟へ、知事の責任追及

インドネシアのジャカルタ首都圏で、昨年末から元日の豪雨で深刻な洪水被害が発生したのは、不十分な洪水対策が原因だとして、市民団体がアニス・ジャカルタ特別州知事の責任を追及する集団訴訟を準備している。7日付ビスニス・インドネシアなどが伝えた。

市民団体のコーディネーターで弁護士のアルフォン・クルニア・パルマ氏によると、今週中に洪水対策が不十分だったために被害が発生したことを示す写真などの証拠を市民から集める。アニス知事に改善策の策定を求め、同じような洪水被害が起きないようにする狙いという。

このほか、ジャカルタ法律援護協会(LBH)は、ジャカルタ州政府や国営電力PLN、国家災害対策庁(BNPB)などに対する洪水関連の被害や苦情を市民から集めている。

署名サイト「Change.org」では3日、6月にジャカルタで開催される電気自動車(EV)の全公道レース「フォーミュラE」の中止を求める署名活動が立ち上げられた。レースを中止してその予算を洪水対策に充てることなどを求めている。7日正午までに7,000人以上の署名が集まった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:実家のご近所さんが最近…(09/28)

コロナで救急車両需要が急伸 感染1日1000人超えた6月から(09/28)

自動車各社が輸出拡大へ、国内需要の低迷で(09/28)

韓国の衣料企業、中国から靴生産移転(09/28)

商業施設の支援策検討、税減免や要件緩和も(09/28)

リアウ州初の有料道路開通(09/28)

物流効率向上で国際競争力強化=財務相(09/28)

首都空港、10月から太陽光発電導入(09/28)

ゴジェックの人気上昇、満足度ではグラブ(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン