• 印刷する

首都圏洪水で集団訴訟へ、知事の責任追及

インドネシアのジャカルタ首都圏で、昨年末から元日の豪雨で深刻な洪水被害が発生したのは、不十分な洪水対策が原因だとして、市民団体がアニス・ジャカルタ特別州知事の責任を追及する集団訴訟を準備している。7日付ビスニス・インドネシアなどが伝えた。

市民団体のコーディネーターで弁護士のアルフォン・クルニア・パルマ氏によると、今週中に洪水対策が不十分だったために被害が発生したことを示す写真などの証拠を市民から集める。アニス知事に改善策の策定を求め、同じような洪水被害が起きないようにする狙いという。

このほか、ジャカルタ法律援護協会(LBH)は、ジャカルタ州政府や国営電力PLN、国家災害対策庁(BNPB)などに対する洪水関連の被害や苦情を市民から集めている。

署名サイト「Change.org」では3日、6月にジャカルタで開催される電気自動車(EV)の全公道レース「フォーミュラE」の中止を求める署名活動が立ち上げられた。レースを中止してその予算を洪水対策に充てることなどを求めている。7日正午までに7,000人以上の署名が集まった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ええ、こんなにー! 所…(02/20)

投資と成長の促進へ税制改革 オムニバス税法、識者に聞く(上)(02/20)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(02/20)

州別最低賃金、上昇率に州の経済成長率適用(02/20)

東南アジア1月の訪日客、3割増で過去最高(02/20)

クルーズ船のインドネシア乗組員3人が感染(02/20)

配車グラブに出資、三菱UFJが800億円(02/20)

バタム島、中国からの供給停止で生産に影響(02/20)

レジ袋税1キロ3万ルピアに、財務相が提案(02/20)

職業訓練カード、首都圏で4月から配布(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン